シワの原因と種類

シワの原因と種類を知って改善したい!

投稿日:

シワの原因を知ってますか?

 

原因を知っておかないとちゃんとした対策ができません。

 

それだけ原因がたくさんで対策もたくさんあるってことです。なるべくできてほしくないのが顔のシワです。この年だからしょうがないな…ってあきらめながら、シワがなくなったら、と心の奥で願ってるのも事実ですよね。

 

まずはシワの原因を知っておきましょう。

 

シワの原因あれこれ

 

★老化でコラーゲンやエラスチンが減少し弾力が低下する

 

★老化でヒアルロン酸が減少し肌の水分が減少する

 

★気温の変化での乾燥

 

★紫外線で真皮層がダメージを受ける

 

★ホルモンバランスの乱れや減少

 

以上が主なシワの原因と言われています。

この原因を少しでも抑制することでシワが目立たなくなったり

増えることにブレーキがかけられるかもしれませんね。

 

 

シワの種類あれこれ

 

シワの種類はだいたい3種類あります。

 

★乾燥によるシワ

 気温や季節だけでなく加齢で内部の水分量が減少して乾燥します。表皮の浅い部分に

 あるうちは改善しやすいですが、放置しておくと皮膚の深い部分や真皮層まで刻まれ

 改善がむつかしくなってしまいます。

 

★紫外線によるシワ

 目には見えない紫外線の影響で真皮層のコラーゲンやエラスチンがダメージを受け、

 肌の深い部分にシワを刻みます。特にUV-Aはカーテンやガラス窓を通過してしまい

 真皮層に届きゆっくりとダメージを与える怖い波長です。

 

★表情癖によるシワ

 日常生活の中で笑ったり、怒ったりするときに変化する表情のクセでシワが刻まれま

 す。加齢で柔軟性がなくなったり紫外線ダメージがひどいとできやすくなります。特

 に眉間の縦ジワや額の横ジワが表情のクセによるシワの代表的なものです。

 

 

今あるシワを改善するには

 

シワを深くしないためには紫外線を避け、保湿を徹底することは最低限必要なことです。プラスして専用のクリームを使うことです。

 

たとえば表情のクセでできたシワには塗るボトックスと言われる「アルジルリン」や「シンエイク」を配合したクリームや美容液で改善を試みてみましょう。

 

シワを作らないように毎日気を付けて日焼け止めを塗ったりスキンケアで保湿をしているのに、いつのまにかできてしまうのがシワです。それではすでに出来上がってるシワはもう消すことはできないのでしょうか?

 

これまでのシワの改善のための化粧品は、シワを目立たなくするという表記しかできませんでした。目立たなくすることはきたいできるかもしれません。

 

 

でも最近厚生労働省に認可されたシワ取りクリームはシワを改善できると表記できるということですから、今あるシワをなくせるかもしれませんね。

 

 

>>>厚生労働省に認可されたシワ取りクリームはこちら

 

 

 

 

 

 

 

-シワの原因と種類

執筆者: