シワ取りクリーム

ポーラ【リンクルショット】と資生堂【リンクルクリームS】シワ改善の違いは?

投稿日:2017年5月24日 更新日:

ポーラと資生堂のシワ取りクリーム合戦が始まります!

ポーラは【リンクルショット】で資生堂は【リンクルクリームS】というシワ取りクリームがどりらも厚生労働省が認可したという成分を配合しているので注目されています。

ポーラのリンクルショットは2017年1月1日にすでに発売中でたったの1か月で30億円以上の売り上げを達成しました。 今後、シワ取りはポーラの一人勝ちかと思ってましたが、そこに現れたのが大手化粧品メーカーの資生堂さん。

こちらも厚生労働省認可済みの純粋レチノールを配合したシワ取りクリームを発売する予定とテレビやネットニュースなどで報道されたから大変!シワに悩む多くの女性たちは、どちらを購入しようかと通っているのではないでしょうか?


スポンサーリンク



 

勝手に検証してみました。

ポーラも資生堂も愛用者はダントツに多い化粧品メーカーです。 わたしも資生堂のエリクシールシリーズを購入したことがありますし、知人がやっていたポーラのエステサロンに通ったこともありますので、どちらも良い点がたくさんあるのを知っています。

今回のシワ改善に対応するクリームはさらに興味深いものです。 50代半ばを過ぎると毎年増えたり深くなってくるシワに「これさえなければ・・・」と鏡を見ながらため息をつくことばかりですからね。だからこそポーラと資生堂のシワ取りクリームどっちがいいのかに決着をつけたいんです。

ポーラと資生堂のシワ取りクリームの価格比較

・ポーラリンクルショット メディカルセラム 1万6200円(税込み)20g:成分ニールワン

・資生堂 エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS 6,264円(税込み)15g:成分純粋レチノール

ポーラの方が1本につき5gほど内容量が多く価格も高いのがわかります。 でも1本で約3.4か月はもつ、という口コミもありますので1か月に換算すればそれなりのお値段ということになりますね。コスパはまずまずというところでしょう。

資生堂の価格は、これなら買ってみようと思えるのが7魅力ですね。値段が安ければ目の周りだけでなく、ほうれい線や額、眉間など遠慮なく使ってみたくなります。ポーラのリンクルショットのように目元だ毛に使うなら15g入りなので2.3か月はもつのではないかと想像できます。

 

ポーラと資生堂の成分の違い

どちらもシワ改善を謳っていて厚生労働省に承認された成分を配合しています。 おなじ成分ではない、ということでますますどっちが自分のシワ改善に有効なのか気になるところですね。

ポーラのシワ改善成分 ニールワン

ニールワンは真皮層にダメージを与えシワの原因を作るといわれる酵素【好中球エラスターゼ】を抑制するはたらきがあります。

資生堂のシワ改善成分 

純粋レチノール 皮膚の奥にある線維芽細胞を活性化させ真皮層のコラーゲン、ヒアルロン酸の生成量を上げるはたらきをします。

ポーラのニールワン期待できること


スポンサーリンク



 

あの資生堂より先駆けて厚生労働省にシワ改善成分として承認されたポーラのニールワン。 これまでのシワ取りクリームは「乾燥小じわを目立たなくさせる」としか表記できなかった、壁を打ち破ってくれました。 これにはシワ取りクリームを発売している多くの化粧品メーカーもびっくりしたことでしょう。

ポーラのニールワンはシワを作る酵素を抑制するもので販売されるまでの研究開発には15年もの長い年月を費やしています。 好中球エラスターゼという酵素によってできるシワに効果的ということですからそれ以外の原因でできるシワにはどうなんでしょう?

とりあえずは塗ってみないと判断できないことです。肌がデリケートだったり敏感だったりすると副作用やトラブルが気になりますよね。 でも、いまのところ、副作用やトラブルの報告はありませんし、厚生労働省が承認したくらいですから効果だけでなく安全性に関してのデータも提出して認可されたますので安心ですね。

資生堂の純粋レチノールに期待できること

純粋レチノールは資生堂が30年も前から研究開発してきた長い歴史がある成分です。 普通のレチノールは濃度が多いと赤み、皮向け、肌荒れなどの副作用が起こことがありました。

そこを資生堂は独自の研究と技術で副作用の心配がない純粋レチノールを作ったということ。 純粋レチノールはすでにエリクシールの他のシワ取りクリームに配合されており、その効果や安全性のデータの蓄積がが厚生労働省に承認されたということです。

またリンクルクリームSは容器にも独自の技術を採用し純粋レチノールの安定化が高いです。 衰えた真皮層にある線維芽細胞を活性化し、その相乗効果でヒアルロン酸やコラーゲンなどのハリ成分を増やしシワを改善するということです。

ポーラと資生堂のシワ改善の期間を比較

さて、気になるのは一体どのくらい使えばシワ改善できるの?ということです。本当なら美容クリニックの施術で即効でシワを消したいところですが、そうもいかないので、多少時間はかかっても安くシワを改善したいというのが本音です。

それでもどちらが早く結果が出るのか気になるものですね。 公式サイトを見るとポーラは12週間、資生堂は9週間と出ています。 データや画像まで公開していますので、とてもわかりやすいですね。

期間だけを比較すれば資生堂のリンクルクリームの方が改善が早いとも取れますが実際は個人差があるのではないでしょうか。 さらにシワの原因によっては効く効かないと結果が分かれてくることもあります。 どちらが良い、いうよりシワの原因によって 使い分けることがポイントですね。

ポーラと資生堂の購入方法の比較

ポーラのリンクルショットを購入するにはデパートの化粧品売り場やポーラの化粧品を扱っているお店やエステサロンのみの店頭販売のみです。 ネット通販やドラッグストアでは購入できません。それでも発売以来たった1か月で25万個を売り上げ初年度の100億円の売り上げ目標達成も近いようです。

資生堂のリンクルクリームSはデパートや資生堂ショップはもちろん、薬局、ネット販売などで簡単に購入することができます。 価格も安く販売網も広い資生堂のリンクルクリームン売り上げが高くなる予感がしますね。

資生堂のリンクルクリームSは2017年の6月21日に販売されますが12月末までに100万個売り上げるのが目標です。 これからテレビCMでの宣伝を目にすることが多くなるでしょう。

リンクルクリームSのCMに出演する人達がまたすごいです。 杏さん、石田ゆり子さん、宮沢りえさん、篠原涼子さん、真木よう子さんと今を時めく女優さんを取りそろえています。 シワが気になり始める、シワに悩んでいる年代にアピールバツグンでしょう。 テレビのCM効果ってすごいですしね。

 

ポーラと資生堂のシワ改善クリームの違い まとめ

これまでいろいろとポーラ、資生堂のシワ改善クリームのことを書いてきましたが、価格が安く販売網が広い資生堂が購入されやすいのではないかと勝手に想像しているところです。

どちらも厚生労働省に承認されたという同じスタート台に立っていてもやっぱり値段に安さというのは一番の魅力ですからね。

それでもシワの原因で効果があるかないか違ってくるので経済的に余裕があればどちらも使うのがシワ改善の早道ではないかとのまとめです。 肌に合う、合わないもありますしね。


スポンサーリンク


-シワ取りクリーム
-, , ,

執筆者:

関連記事

リンキーフラットの口コミでシワが1分でなくなるか検証 10年前の顔に戻れる?

リンキーフラットはシワが1分でなくなるクリーム 北の快適工房から新しく発売された「リンキーフラット」というシワ取りクリームのこと知っていますか?気になる顔のシワに塗って1分待つと、あら不思議!シワが目 …

no image

DHCのシワ取りクリーム ラインショットの口コミで効果を確認

DHCのザ ラインショット 顔のシワ対策の新しいクリームがDHCから発売になりましたが、効果はどうでしょうか?ザ ラインショットというクリームです。 アットコスメにはすでにモニターした人の口コミが掲載 …

no image

目袋やシワが1分でなくなる?ニベオラ リバイタアイクリーム

  目袋やシワが1分で変わるアイクリーム   ニベオラ リバイタアイクリームはシワやたるみに塗って1分で目立たなくなるという即効性が期待できるようです。テレビの通販番組にも紹介され …

no image

リンクルショットの口コミで効果と評判を確認

リンクルショットはシワ取りクリーム ポーラのリンクルショットは1本で16,200円という高額コスメなのでちょっと買ってみようというわけにはいきません。 効果があったり評判が良ければ安心して買いやすいと …

no image

リンクルショット ポーラの口コミは悪くないけど資生堂も気になる

ポーラ リンクルショットメディカルセラムの口コミ 2001年に発売されていたリンクルショットアイクリームの口コミなんですが以前は悪い評価もあったようですね。でもリニューアルしたリンクルショットメディカ …