美魔女

井川遥さんのピンクハウスが美魔女!どこで通販できる?値段は?

投稿日:2018年5月24日 更新日:

井川遥さんが着てるピンクハウスの人気が復活!?

 

奇跡の40代と評判の女優の井川遥さんがNHKの朝の連続テレビ小説「半分 青い」にマンガ家の秘書という役で出演してるのですが、その時きている服が今すごく注目されてます。

その服が50代には懐かしい「ピンクハウス」です。

ピンクハウスといえば今から約30年前の1980年代と90年代に流行ったロマンティックな洋服なんです。DCブランド全盛だったころで当時のデザイナーは金子功さんですが今では違う人がデザインしてるそうですね。

花柄とレースとフリルがトレードマークでこのデザインが似合う人は昔でも珍しいと言われてました。今でもそうでしょう。

 


スポンサーリンク



 

昔は女優の森尾由美さんもよく着用していたイメージがありますがピンクハウスを好きな人ってピンクハウス以外は着ないという徹底した人が多かったですね。

そうそう芸人の宮川花子さんは今でもピンクハウスを着こなしてますね。

井川さんの年齢はというと40代ですがとてもきれいでピンクハウスがよくお似合いの美魔女です。井川さんがドラマで来てるのを見て再び注目度が高まってきたのすが、まだ販売してるのか気になります。

 

どこで買えるのでしょう?さっそく楽天で調べてみました。

ちゃんと楽天ショップがあった―と思ったら中古品でした・・・・中古でも安いものから高いものまでピンキリですね。

ピンクハウス中古品

 

PINKHOUSEの通販は公式サイトにありました。

昔はワンピースが5万円くらいだったけど今はいくら?としらべるとチュニックが25,600円、ノースリーブワンピースが28,800円、スカートが27,200円、カットソーが7,600円とやっぱり高め。

花柄でロマンティックなデザインとフリルは健在です。

ピンクハウスよりシンプルで大人っぽいのがインゲボルグですね。インゲボルグのお値段はTシャツが9,600円~とピンクハウスよりちょっと高めでモノトーン系が多いです。

伊勢丹などの店舗で買えるけど公式サイトで通販もできます。

 

井川遥さんは元モデルで2児の母

井川さんの話に戻りますが、今まではサントリーのハイボールのCMのイメージでしたね。これからはピンクハウスのイメージになるかもしれませんね。

いずれにしてもシンプルな服もピンクハウスも着こなせるのはさすが元モデルです。

井川遥さんのお名前が芸名なんです。モデルをやってるときは趙 秀恵さんとして活躍してたんです。実はお爺さんが韓国の方で在日韓国人3世。今は松本与さんというデザイナーさんと結婚して日本国籍になってます。韓国の女性ってお肌がキレイな人が多いですね。

現在、2児の母ですが美しさにどんどん磨きがかかっています。

井川遥さんのプロフィール
生年月日:1976年6月29日 (41歳)
出身地:墨田区
配偶者:松本 与 (2006年〜)
身長:167 cm
学歴:東横学園女子短期大学
井川 遥は、日本の女優。本名非公開。東京都出身。エフ・エム・ジー所属。
引用:Wikipedia


スポンサーリンク



-美魔女

執筆者:

関連記事

no image

南美希子アナウンサーの顔が変わった?整形疑惑の真実

南美希子さんの顔が変わった フリーアナウンサーの南美希子さんは1956年生まれなので現在61歳。 元はテレビ朝日のアナウンサーでしたからテレビでちょくちょく見かけてた南美希子さんですが最近になってネッ …

no image

国民的美魔女コンテスト2017グランプリ決定!

美魔女コンテスト2017のグランプリがついに決定!   第8回美魔女グランプリは村田優美さん! ファイナリスト18名の中から頂点に輝いたのは大阪で社会福祉士をしている41歳の村田優美さんでし …

no image

美魔女コンテスト2017ユーザー投票ランキング速報

美魔女コンテスト2017WEB投票ランキング   前回のWEB投票ランキングから少し日にちがたったのでランキングはどうなったか確認してみたら大幅に変動していました。 2017年9月15日現在 …

no image

内田有紀さんが美魔女 42歳になっても老けない美容法

内田有紀さんが40代になっているということを知ってびっくり! テレビで見る内田さんは40代に見えないからです。 40歳を過ぎても今の美貌を維持してるのは陰ながらいろいろな美容法にチャレンジしてるからで …

no image

草笛光子さんのクローゼットで年齢不詳の美魔女の秘密がまるわかり

今朝のめざましテレビに女優の草笛光子さんが出演してました。以前から存在感があって年齢を感じさせない美しさにあこがれていましたが、ますます磨きがかかってきたようです。 トレードマークのグレーへアが特に素 …