涙袋 50代になると目袋になる恐ろしい理由と対策

涙袋がかわいいのは若いうちだけ。50代になるとどんどんたるんで涙袋が2つになったり目袋になってしまうという恐ろしいことが起こります。

涙袋が目袋になってしまう理由と対策をまとめてみました。

涙袋が目袋になる原因と対策

原因はズバリ、老化による目のまわりのゆるみと遺伝的な体質です。老化は50代になると避けられないことですが、いくつになっても目立たないという人もいるのです。

若いころにはないことがほとんど。それでも生まれつき出てる人もいますし遺伝的にできやすい、という場合もありますから加齢になると100%できる、というわけでもありません。

できやすい体質というのもあるんです。

自分の両親のどちらかに目の下に大きなたるみがあったら、できやすい体質かもと思い早くから対策しておきましょう。早く対策をしておくことですこしでも遅くしたり目立たなくさせることができます。

 

涙袋は50代になると目袋になる

この涙袋が老化現象で目袋になることがあります。

もともとは筋肉のふくらみですから老化で衰えると目袋に移行する可能性が・・・・・

涙袋があって目元が印象的だった女優さんというと現在64歳になる松阪慶子さんを思い出します。

 

若いころはうるんだ瞳で世の中の男性を虜にしてましたね。64歳になった現在でも涙袋は健在で、目袋には見えません。やっぱり女優さんなので日ごろから目の周りのケアをやってたりエステに行ってるのではないかと想像できます。もしかしたら美容クリニックに通ってるかもしれませんね。

涙袋を目袋にしない対策

松阪さんのように涙袋を目袋にさせない、目袋を作らないためには若いころからのケアが大事です。どちらにしても目のまわりの筋肉をきたえたり紫外線ダメージを避けることですっきりした魅力的な目元を維持できるでしょう。

目のまわりを囲んでいる筋肉のことを眼輪筋といいます。眼輪筋が衰えてくると目の奥にある脂肪や皮膚を支えられず前に飛び出てふくらみを形成し目袋に移行していきます。

だからこまめに筋肉を鍛えるトレーニングや体操をしたりを専用のアイクリームを塗ることが必要ですね。

たとえできても軽いうちは目の周りの筋肉を鍛えるセルフトレーニングをしたり、コラーゲンを増やしてくれる成分が入ったクリームや表情筋を鍛える美顔器を使うことでマシになることも期待できます。

 

でもひどくなると目袋の下に深いシワがくっきりしてきます。こうなるとクリームやセルフトレーニングでの改善は難しいかもしれませんね。

 

最近は美容クリニックで切らないたるみ取りというのがあります。日帰りでできるし傷あとがわからないものです。

 

高級なアイクリーム1年分より安い料金できるクリニック
↓ ↓ ↓
症例写真多数!安心保証制度!
まずは実績で検討したい貴方に<湘南美容外科クリニック>

 

作りたい涙袋となくしたい目袋

テレビや雑誌を見ると最近の若い女子はわざわざ目の下に袋を作るのが流行ってるようです。この目の下の袋を涙袋といいます。

 

メイクであるように見せたりお金に余裕があれば、なみだ袋専用のヒアルロン酸を注入して作ることもできます。20代30代なら涙袋を作るとかわいく見えるでしょう。

 

現実的にテレビに出ているAKBなどのアイドルのほとんどには涙袋がある、といっても言い過ぎではないでしょう。ところが同じ目の下の袋でも50代以上になると目袋といわれ見え方も印象もまったく違ってきますね。

 

目袋はできれば隠したいし可能ならなくしたい肌悩みの一つになってます。目の下にあるのに涙袋と目袋ではこうも対応が違うっておかしいですね。

 

目袋と涙袋の違い

どちらも目の下にあるのに見た目の印象が全然違うものです。この二つの違いについて詳しくしらべてみました

 

涙袋はどんなものでできてるの?

涙袋とは目の下すぐにあって特に笑顔の時などにぷっくり膨らむのが特徴です。涙袋が膨らむと目がいつもより大きく見えるし下まつ毛が目立って目元がウルウルしてるように見えます。

この涙袋はもともと生まれつき持ってる人と持ってない人がいますね。実は涙袋はただの袋ではなく筋肉でできています。目の周りをぐるりと取り囲んでいる眼輪筋という筋肉の一部です。

 

中味は空洞だったり脂肪が詰まってるわけでもなく筋肉のふくらみなんですね。眼輪筋が発達してないと涙袋ができません。だからもともと持ってない人も眼輪筋を鍛えればヒアルロン酸を注入しなくても涙袋ができるかもしれませんね。

 

別名は涙堂とかホルモンタンクとも言われます。この涙ぶくろですが、女優さんでは石原さとみちゃんにあって、かわいいの代表的なものですね。

大きさや幅は人それぞれで狭い人から広い人まで。どちらかというと幅が広すぎると目袋に見えてしまうかもしれませんから適度にあるのが理想的でしょう。

理想は石原さとみちゃんですかね。

 

目袋などんなものでできてるの?

一方、目袋は紫外線ダメージや老化でコラーゲンやエラスチンの生産量が減少したり眼輪筋が衰えることで眼球のまわりにある脂肪組織が突出してくることが原因です。

 

わかりやすくいうと目袋は脂肪でできてます。

 

目の下に涙袋ではないふくらみが目立ってきたら早くケアしておきたいものです。

 


スポンサーリンク



 

眼輪筋のコラーゲンを増やすには

目の周りの筋肉を衰えさせないためにはコラーゲンを増やすスキンケアをした方がいいでしょう。コラーゲンを外から塗ってもコラーゲンが存在する線維芽細胞まで届かないので生成量を増やす成分を浸透させるほうが簡単です。

 

コラーゲンの生成を増やす働きをする成分はヒト幹細胞培養液、ビタミンC、レチノール成長因子(FGFなど)、などです。

 

この中でヒト幹細胞培養液を配合した化粧品は欧米のセレブがメスのいらない美容整形といって頼ってスキンケアです。肌の土台を立て直してコラーゲンやヒアルロン酸の再生力を高めたり様々な働きをしてくれます。

最近は日本でも注目されてきたので、いろんな化粧品メーカーから発売されていますね。

こちらでは継続の縛りがなくお試ししやすいヒト幹細胞コスメをピックアップしてみました。

・メルシアラムール
・セルラッシュプレミアム

以上の2つのヒト幹細胞コスメはどちらも初回がお得なキャンペーン中です。継続回数の約束や縛りがないので気軽にチャレンジできますよ。

メルシアラムールとは

メルシアラムールはテレビで紹介されたことがあります。

初回のお値段が2回目以降もずっと同じなので継続にぴったり。

初回はヒト幹細胞培養液を配合したソープがもらえます。

 

⇒メルシアラムール公式サイトはこちら

 

ヒト幹細胞の他にハリの元になるコラーゲン、エラスチンも配合。表情ジワをケアしてくれる塗るボトックス【アルジルリン】が入ってるのも魅力です。

一つ5役のオールインワンなので洗顔後はこれ1本で経済的。もちろんいつも使ってるスキンケアと併用もできます。

メルシアラムール公式サイトでキャンペーンをチェック
↓ ↓ ↓

メルシアラムール

セルラッシュプレミアムとは

セルラッシュプレミアムは1本が2か月使えるのでコスパ良し。ヒト幹細胞エキスを低分子化してるので奥に届きやすいのが魅力。

 

⇒セルラッシュプレミアム公式サイトはこちら

ヒト幹細胞培養液を高濃度配合しプラセンタエキスをプラスした贅沢な美容液です。雑女性誌などのメデイアにも掲載され注目されています。

初回は54%OFFでセルラッシュオリジナルのシートマスクとタオルヘアターバンがもらえます。回数の制限がありません。

 

54%OFFキャンペーンを公式サイトで見てみる
↓ ↓ ↓
セルラッシュプレミアム

眼輪筋を鍛えても改善しない場合

必死で眼輪筋を鍛えたり、アイクリームを塗っても改善しない頑固な目袋は美容クリニックで取ることができます。50代以上になって経済的に余裕ができてるとクリニックにお願いするのもいいかもしれませんね。

 

切らない目の下のたるみ取りもあります。目の下にたまった脂肪をまぶたの裏側から取るので表面からは傷などがまったく見えませんし誰にも気づかれません。

傷はわずか数ミリなので縫わなくてもよく腫れにくく内出血も少ないのでダウンタイムも短いです。ちなみに費用はいくらか調べてみました。

 

湘南美容クリニック では両目で113,000円~。

 

高須美容外科では注射針を使って目の下の脂肪を抽出します。傷は残らず短時間で済みます。費用は片目で250,000円で両目500,000円です。

 

目袋って片目だけじゃなく両目にできることが多いですね。500,000円が高いか安いかの判断には個人差があるでしょうね。

 


スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました