塗るボトックスの副作用と効果なしの真実が口コミでわかった

塗るボトックスってご存知ですか?

塗るボトックス成分の種類で有名なのがアルジルリンとシンエイク。

シンエイクやアルジルリンを配合してる美容液を発見。
購入したいけど副作用が気になる。

ボトックス注射より効果なしかも気になる。

購入前に調べてわかったことを紹介。

塗るボトックスの副作用について

副作用についての心配は気にしなくていいレベル。

理由は注射とは原料が違うから。

ボトックス注射の原料は、毒を取り除いたボツリヌス菌。

塗るボトックスの原料は植物由来のアミノ酸を何種類か
組み合わせ結合させたペプチド。

ボトックス注射の筋肉のコリをやわらげる働きを
似せて開発。

アミノ酸は、もともと人の体に存在するもの。

組み合わせで成分名が違ってきます。

有名なのはアルジルリンとシンエイク。

塗るボトックスは効果なしか口コミで検証

副作用の次に気になるのは効果ありか効果なしか。

効果なしだとお金と時間のムダなので、購入前に口コミで確認。

効果なしがわかる悪い口コミ

・多少のツッパリは感じるけど変化なし。
・肌に合わずカサカサしたりブツブツができた
・短期間しか使ってないのでわかりません。

評価が低い口コミをみると短期間で結果を求めてるという
意見が目立ちました。

ボトックス注射とは違い即効性がないのがデメリット

悩みの程度が浅かったり新しいと変化を実感しやすいことも
あるけど深いものだと時間がかかります。

塗るボトックスは表情の繰り返しによるクセが原因の悩みに
対応する成分。

乾燥や紫外線ダメ―ジ、コラーゲン減少が原因ならナイアシンアミドを
配合したスキンケアがおすすめ。

ナイアシンアミドは年齢ジワ、メラニンの生成を抑制しシミそばかすの
予防を認められた成分。

コラーゲン減少にも働きかけてくれます。

ナイアシンアミド配合なら医薬部外品に頼りたい。

私が使って良かったのは北の快適工房の【シンピスト】

1個90g入りのたっぷりサイズのオールインワンなので
顔以外の首やデコルテに余裕で使えます。

私は初回限定2,178円のキャンペーンで購入し継続中。

シンピストのナイアシンアミドは奥まで届くように低分子化。

だから深い悩みにも対応。

復元力がある形状記憶成分も入ってるので塗ってピーンも実感。

頭皮マッサージと併用してるせいか、おでこの悩みが
目立ちにくくなってきました。

↓シンピストオールインワン初回限定2,178円はこちら↓
【医薬部外品】真皮ケアオールインワンジェル『シンピスト』

シンピスト

良い口コミでわかったこと

・深くならないように5年以上愛用し調子が良い
・乾燥する季節に使って、深くなることがなかった
・ファンデ落ちが目立ちにくくなった
・塗るボトックスは嘘ではないので使い続けるつもり

全体的にみると何らかの変化を実感していたり、リピしてる
という意見が多かったです。

初回が安いものだったら購入して使ってみるのは悪くない。

アルジルリンとシンエイクをダブル配合してるステイック型の
美容針バームが初回限定500円キャンペーン中。

それがスピライズ リンクルストレチャーバーム。

スピライズのキャンペーンを公式サイトで見る
↓ ↓ ↓
リフトストレッチャーバーム【スピライズ】

クリニックのスキンケアとして有名な
ゼオスキンにも塗るボトックスがあります。

商品名は【gファクターセラム】

お値段は高いので購入する前に口コミで
効果があるか確認が必須。

>>>ゼオスキンの塗るボトックス【gファクターセラム】の口コミ

塗るボトックス成分の種類

塗るボトックス成分には種類があります。

・アルジルリン

・シンエイク

・シンタックス

・プロジェリン

以上がよく知られている塗るボトックスの種類。

種類は意外にたくさんあります。
特に有名なのは一番最初に開発されたアルジルリン

テレビで紹介されて注目されてるのがシンエイク。

どちらの原料も植物性のペプチドです。

シンエイクはアルジルリンより6倍高い働きがある
と言われ評判が高まってます。

シンエイクとシンタックスがダブル配合されてる
オールインワンがお得にお試しできるキャンペーン中。

シンエイク配合のオールインワンの詳細はこちら
↓ ↓ ↓

シンエイク・シンタックス配合 ユーリッチ

シンエイクとは

化粧品に配合された時の正式な成分表記は

「ジ酢酸ジペプチドアミノブチルベンジルアミド」です。

働きはアルジルリンの6倍以上ともっぱらの評判。

ホンマでっか!?TVで紹介されて一気に注目度アップ。

さらに注目された原因はヘビ毒の構成に似せて開発されたから。

蛇の毒は入ってません。

参考にしたのはヨロイハブという毒蛇の化学式。

ヨロイハブの毒は筋肉をゆるめる働きがあるんです。

ということからこのヨロイハブ毒の化学式と同じものを
ペプチドで合成し開発したのがシンエイク。

このシンエイクは日本だけでなく世界中の女性が注目。

欧米ではセレブや有名人がこぞって塗ってるとか。

さてシンエイクの副作用も気になりますね。

これまで副作用やトラブルの報告は今までありません。

それでも反応は個人差があるもの。

初めて使用するときは目立たない部位でパッチテストが必須。

シンエイクの原液を配合した美容液

原液が配合されてる美容液があります。

それがマッシュアップのJFエッセンスSAという美容液。

JFエッセンスSAは原液なので高濃度。

笑ったときに目立つ目尻や口元の折り癖が気になるなら
原液美容液がおすすめ。

全成分を見ると本当に原液だな~って実感。

JFエッセンスSA全成分
グリセリン,水,ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド

開発したスイスのペンタファーム社から取り寄せた
本物の原液を配合。

無着色、無香料、パラベンフリーで余分なものはなし。

原液美容液JFエッセンスSAのキャンペーンは

残念ながら終了しました。

でも楽天で原液100%の美容液があります。

シンエイク原液美容液 楽天はこちら
↓ ↓ ↓

⇒シンエイク原液100%の美容液を楽天で見るならこちら

アルジルリンとは

塗るボトックス成分のアルジルリンについて説明しておきますね。

アルジルリンを開発したのはスペインにある製薬会社。スペインでは美容外科でのボトックス注射は禁止なので、
かわりに開発。

どの国の女性もなんとかしたい、という気持は一緒。

ボトックス製剤の原料はボツリヌス菌で神経伝達物質が
筋肉に伝わらないようブロック。

一方、アルジルリンは植物から抽出したペプチドが原料。

このペプチドにも抑制する働きや繰り返す表情筋の動きでおこる
皮膚ストレスをゆるめる働きがあります。

でもボトックス注射よりも実感度は遅くなります。

だからアルジルリン美容液を使う時は長期的に考えましょう。
アルジルリンの正式な表記名は「アセチルヘキサペプチド-8」

アセチルヘキサペプチド-3と表記されることもありますが
どちらも開発された時期が違うだけで中味は同じ。

数種類ある塗るボトックスの中でおすすめはアルジルリンとシンエイク。

どちらも入ってる方がよりパワーがアップ。

シンエイクとアルジルリンをダブル配合してる美容液

シンエイクとアルジルリンどちらも配合してるのがウルシナ オールインワンです。

塗るボトックスだけでなくヒト幹細胞培養エキスもプラスされてますのでより強力にシワに働きかけてくれますよ。

現在、定価より67%OFFで購入できるキャンペーンをやっています。

メイクでは隠せないシワやたるみの悩みをヒト幹細胞培養液と塗るボトックスなどのエイジング成分が対応してくれます。

67%OFFキャンペーンは継続の縛りがない定期コースなので気軽にチャレンジできますよ。

\詳しい情報を見てみる/
1本で11役!ヒト幹細胞エキス配合の次世代オールインワンジェル【ulusina-ウルシナ-】

タイトルとURLをコピーしました